エポスカードの入会審査は学生・主婦の方もOKです

エポスカードの入会申し込み時の審査基準はとてもシンプルです。
「日本国内在住の満18歳以上の方(高校生の方を除く)」となっています。
ご覧のとおり、とてもざっくりとした入会申し込み基準です。

つまり、エポスカードは、広くカード申し込みを受け付けているということです。

また、エポスカードは、申し込み当日にクレジットカードを受け取れる最短即日発行に対応していますので、審査スピードが早いのも特徴の一つです。

【主婦の方】は、基本的に収入がありませんので、審査対象となるのは配偶者となります。配偶者の方が安定的継続的な収入を得ていけば、ほぼ問題なく入会審査をとおります。
継続的にパート収入を得ている主婦の方は、申し込みの際に、ご自分を審査対象となるよう、ご自分の収入で申し込み手続きをしてもよいでしょう。しかし、収入が少ないと、利用限度枠が低く設定される可能性もあります。

【学生の方】は、基本的に収入がありませんので、審査対象となるのは親権者です。親権者の方が安定的継続的な収入を得ていけば、ほぼ問題なく入会審査をとおります。
20歳未満の学生の場合は、親権者の同意を必要としますので、親権者の方に確認の電話があります。ですので、申し込む前に、一言、親権者の方にエポスカードというクレジットカードに申し込むので電話が合ったら同意してほしい、と伝えておくといいです。
また、20歳以上の学生の方の場合は、親権者の同意がなくとも申し込みはできますが、その場合、カードの利用可能枠が低く設定される可能性もあります。
ちなみに、学生の方がクレジットカードを作る場合、基本的に利用可能枠は最高30万円となっています。

【パート・アルバイトの方】は、収入があまり高くなくとも、現在の仕事を始めて一定期間以上(半年以上が目安)経過していれば、審査にとおる傾向にあります。ただし、収入が少ないと利用限度枠が低く設定される可能性はあります。

【派遣社員・契約社員の方】は、現在の仕事を始めて一定期間以上(半年以上が目安)経過していれば、審査にとおる傾向にあります。

【自営業の方】は、エポスカードに限らず、クレジットカードの入会審査はちょっと厳しい傾向にあります。自営業を始めて3年以上黒字であり、その収入もある程度安定的であること、などが条件となります。

【年金受給者の方】は、受給している年金の金額がある程度の金額であれば、審査にとおる傾向にあります。ただし、年金受給者の方に限らず、審査は収入のみで合否が決定されるわけではなく、住まいが持ち家か賃貸か、ローン残高はあるかなども含めて審査されますので、年金という継続的安定的な収入があっても、その受給額が低めだと審査にとおらない可能性はあります。

若い女性には積極的に発行しています
エポスカードは長年のカード事業の蓄積で、マルイの主要顧客である【若い女性】のカード入会審査に対しては独自の与信基準を確立しております。


審査に自信がない方はキャッシング枠を付けないで申し込む

収入が少ないなど、私ちょっと審査に自信がないんだけど、と思っている方は、エポスカードを申し込む際に、キャッシング枠を付けないで申し込むといいです。その方が審査にとおりやすいからです。
キャッシング枠をどうしても付けたいのでしたら、クレジットカードが発行された後にでも申請できます。もちろん、その時も、キャッシング枠を付けることが可能かどうかの審査はありますが、既に、クレジットカードは発行されている訳ですから、クレジットカード自体の審査に落ちるということはありませんので、この方法をオススメします。

最短即日発行・年会費無料 24時間PC・スマホのどちらでもお申込みが可能です。