ネットで申し込み後、即日発行されたカードを、マルイ店頭で受け取り

マルイ店舗で受け取り

エポスカードは最短で即日発行可能なクレジットカードですので、すぐできるクレジットカードとして人気です。
ですので、お急ぎでクレジットカードが必要な方にもオススメのカードです。

PC・スマホからネットで申し込むと、すぐにカード入会審査の結果メールが届きますので、審査に通れば、お近くのマルイ店舗に出向いて、店舗内にある「エポスカードセンター」で受け取ることができます。
マルイが営業していれば土日・祝祭日でもOKです。

ただし、マルイ営業時間内でないと、申し込み当日に受け取れませんのでご注意ください。
マルイの営業時間が終わっている場合は、当日中に受け取れませんが、翌日に受け取りに行けばOKです。
各地のマルイ店舗所在地と営業時間案内ページはこちら ⇒

エポスカード即日発行の流れ

公式ウェブサイトで申し込み
こちらの「エポスカード」公式申し込みページへアクセスし、申し込み手続きをします。
申し込み入力フォーム画面で、氏名、住所、生年月日などの個人情報などを入力し、
「エポスカードセンター」で受け取るか、配達で受け取るか、どちらかを選択します。

即日発行の場合は【店舗・施設で受取】を選択してチェックをします。

ちなみに、配達で受取の場合は、一週間程度でご自宅へお届けされます。

下の画像が、エポスカードの受け取り方法の選択画面です

エポスカード申し込み時のカード受け取り方法の選択画面

ここで、【店舗・施設で受取】を選択すると、【ご来店予定の店舗・施設】の選択が表示されます。
プルダウンメニューで全国のマルイ店舗をはじめ施設が表示されますので、ご自身が受け取る店舗・施設を選択すればOKです。
この画像は、「渋谷マルイ」を選択したときのものです。


入会審査結果のメールが届く
申し込み後、間もなく(30分程度)、入会審査結果のメールが届きます。
まれに、審査に時間を要する場合は、多少時間がかかります。

審査に通った方は、エポスカード発行となりますので、マルイ店舗または施設へ向かいましょう。

エポスカードを受け取る
マルイ店舗・施設営業時間内でしたら、土日・祝祭日でもOKです。
マルイ店舗・施設営業時間が過ぎている場合や、当日中に行けなくなった方は、翌日に受け取りに行ってもOKです。
カードの受け取りは申し込み本人でなければいけません。
受け取り時に必要なものは以下です。

エポスカードの受け取り必要書類
1..審査結果のメールは、スマホから申し込んだ方はメール画面を提示、PCから申し込んだ方は審査結果のメールをプリントアウトして持参し提示。

2.本人確認書類は、運転免許証、健康保険証の他に、共済組合証、パスポート、年金手帳、在留カード、特別永住者証明書、外国人登録証などもOKで、いずれか一つを提示します。

3.キャッシュカードは、エポスカード利用代金の引き落とし金融機関の口座として必要です。金融機関によってはおとどけ印が必要な場合もありますので印鑑も持って行った方がいいです。キャッシュカードの代わりに金融機関の通帳でもOKです。

エポスカードの利用開始!
エポスカードを受け取ったら、カードの裏面のサイン欄に、自筆でサインをします。
サインをしておかないと、不正利用されたときなどに補償してもらえない可能性がありますので、必ずサインをしましょう。
これで、エポスカードを利用できます!

エポスカードの申し込み


エポスカードは海外旅行用に急ぎでクレカを作りたい方にもオススメ

海外旅行を間近に控えて「あっ、クレジットカードを作るのを忘れていた!」という人がけっこういるようです。
そういう方にとって、そのニーズにもっとも合ったクレジットカードとしてもエポスカードはオススメです。
なぜなら、エポスカードは、以下の特徴を兼ね備えたクレジットカードだからです。

  1. 最短即日発行ができる
  2. 海外旅行傷害保険が自動付帯されている
  3. 海外でもっとも加盟店が多い「VISA」ブランドである
  4. 現地通貨でキャッシングができる

ただし、エポスカードを即日発行で受け取れるマルイ店舗は、首都圏と京都・大阪・神戸・静岡・水戸にしかありませんので、他の地域の方は、即日で受け取るのは難しいかもしれません。

しかし、例えば、羽田空港か成田空港から海外へお出かけなら、地方の方でも、ネットから申し込んでおいて、空港へ向かう前に、東京など首都圏のマルイでエポスカードを受け取ってから、海外へ出かける、ということができないとも限らないのではないでしょうか。

最短即日発行・年会費無料 24時間PC・スマホのどちらでもお申込みが可能です。