エポスカードに自動付帯する海外旅行傷害保険

海外旅行のイメージ画像

エポスカードには、海外旅行傷害保険が自動付帯されています。海外旅行先での病気・ケガ、さまざまなトラブルが補償されます。

自動付帯とは、海外旅行へ出かけるときに、手続きや届け出など一切することなく、自動的に保険適用となるということです。ですので、海外旅行へ出かたときに「あっ!保険に入るのを忘れていた!」となっても、エポスカード会員なら大丈夫ということになります。

年会費無料のクレジットカードで海外旅行傷害保険が自動付帯されるカードは非常に珍しいです。
年会費無料では楽天カードにも海外旅行傷害保険が付いていますが、こちらは利用付帯です。

エポスカード海外旅行傷害保険の補償内容

●保険対象となるのは、エポスカード会員本人に限ります。家族や同伴者は対象となりません。
●補償期間は、1旅行につき最長90日間です。

 

  • 傷害死亡・後遺障害 最高500万円
  • 傷害治療費用 200万円(1事故の限度額)
  • 疾病治療費用 270万円(1疾病の限度額)
  • 賠償責任(免責なし) 2000万円(1事故の限度額
  • 救援者費用 100万円(1旅行・保険期間中の限度額)
  • 携行品損害(免責3,000円) 20万円(1旅行・保険期間中の限度額)

 

引受保険会社は「三井住友海上火災保険株式会社」です。

上記の補償内容ではちょっと不安だという方は、エポスカードページから、三井住友海上のインターネット専用海外旅行保険「@とらべる」でさらに充実した補償内容の保険へ加入できます。
海外での治療費や入院費用は、日本とは桁違いの場合が多々ありますので、もしもの時のために備えたいという方は、より補償内容が充実した保険へ加入されることをオススメします。

※さらに充実した補償内容の海外旅行保険へ加入したい場合、必ずしも、「三井住友海上」でなければ入れないという訳ではありません。

緊急医療アシスタンスサービス

万一、海外旅行中に不慮のケガや事故、病気に見舞われた場合には、24時間いつでも日本語で対応し、さまざまなサービスを速やかに手配いたします。

●ケガや病気の場合の緊急アシスタンス
・医師、医療施設の紹介、案内
・医療費キャッシュレスサービス
・患者の医療施設への移送
・患者の本国への送還

●ケガや病気により亡くなられた場合の緊急アシスタンス
・ご遺体の本国への移送
・現地での埋葬

●その他のアシスタンス
・救援者の渡航、宿泊手配
・遭難された場合の捜索・救助など

海外旅行予約などは『たまるマーケット』がお得

エポスカードは、カード会員向けのポイントアップモール『たまるマーケット』がありますので、海外旅行のツアーや航空チケット、ホテル、レンタカーなどの予約は『たまるマーケット』経由で各旅行会社サイトですると、エポスポイントがお得に貯めることができます。

『たまるマーケット』には、JTB、エクスペディア、HIS、Agoda.com、ホテルズドットコム、レイルヨーロッパ、Yahoo!トラベル、クラブツーリズム、ANA SKY WEB TOUR、楽天トラベル、日本旅行が参加されています。

最短即日発行・年会費無料 24時間PC・スマホのどちらでもお申込みが可能です。